東京の会員制高級交際クラブ・高級デートクラブのTen Caratは、セレブな男性向け会員制高級交際クラブです。当クラブの極上美女達をご覧下さい。

Ten Carat 会員制最高級交際クラブ 10カラット 男性

Tag Archives:

『寒暖差に困らない!季節の変わり目におすすめなデート服コーデ』

こんにちは、春休みの観光客増でなかなかラーメン屋さんに入れないでいる吉田です!

今月初日、新元号がついに決まりましたね! 交際クラブ・デートクラブを利用している方もどんな年号になるか気になったのではないでしょうか!? 現在の平成が短く感じたのですが、調べてみると日本史の中では結構長く続いている方で、明治以前は、災害や幕府の変遷などの大きな出来事のたびに改元されていたり、新しい元号と古い元号が同時に使用されていたりしていたため、期間の短いものが多かったようですが、明治以降は天皇の交代とともに変わるようになったので、昔に比べて長く続くようになったみたいです。

さてコロコロ変わるのは元号ばかりではありません。 皆さんはここ最近の気温の変動で体調を崩されていませんか。 つい最近、夏日を記録するほど暖かい日もあったかと思えば、今日のように一日中陽が当たらずに気温が10度以下のままという日もあって、しまい込んだ冬物コートを慌てて出してきた人も少なくないはず。 そこまで極端でないにしろ、この時期首都圏の昼夜は寒暖差が大きく、長い時間出歩くときは服装選びにも困りますよね。

そこで今回は 『天候や屋内外の寒暖差にも対応したおすすめデート服コーデ』 のポイントを少しご紹介したいと思います。 季節の変わり目で天気の不安定なこの時期、デートを予定している交際クラブの皆さんもぜひ参考にしてみてください。

「アウター・イン・アウター」 アウター・イン・アウターとは、ジャケットとカーディガン、ダウンとコートなど、 アウターを二枚重ね着することです。 この時期気温が急に寒くなると、外では重ね着して寒さに備えますが、電車の中などでは暖房が効きすぎて、そのままでは逆に暑く感じることも少なくありません。 アウター・イン・アウターで二枚重ねにしておけば、暑く感じたときに外側に着ているコートやジャケットを脱いで温度調節することができます。 外側と内側のアウターを上手く組み合わせることで2つのコーデを楽しむこともできますしね。

「薄手のアウターとボトムスの組み合わせ」 重ね着してがっちり防寒するほどでもない日は、薄手のアウターで昼夜の温度差に対応しましょう。足元までカバーしたい時は薄手のトレンチコートを羽織り、風になびかせるように歩くと見た目にも軽やかさを演出できます。 その際は春を感じさせるピンク系淡い暖色のスカートなどを合わせたり、ネイビーやブラックのデニムでビシッと決めるのもいいと思います。

「厚手のコートでもカラー次第で印象アップ」 夜のデートになるとまだまだ冷え込むこの時期。 かといって明るいうちから着込むのも……と思う日は、ホワイトやパステルカラーのウールコートや、ニットカーディガンを選びましょう。 ダークカラーではただでさえ厚手のアウターが見た目にも増して重く感じられます。明るいうちのデートであればパステルカラーなどの明るい色。夜のデートでも重すぎないベージュがよさそうです。

いかがでしょうか。 この他にも、顔周りの印象をすっきりと見せるノーカラーコートをアウターとして活用したり、ブーツや小物のカラーをスカートなどのカラーと併せてみるのも良いと思います。 重ね着しても重く見せず、パステルで可愛らしさを見せつつもアクセントにブラックやダークカラーをちらっと見せることで、大人らしい雰囲気を演出しちゃいましょう。

それでは次回。 晩御飯がカップラーメンなのにそろそろ飽きてきた_(:3 」∠)_吉田でした。

ではまた! 夏ボーナスに今から期待(*’▽’)    

≫ 交際クラブの入会申込・お問い合わせはこちらから ≪

交際クラブ10カラットのお問い合わせはこちら

『春風を感じながらワインを飲み比べ♪』

こんにちは。 交際クラブ10カラットスタッフ中村です。

気づけばあと少しで新元号が発表されるということに、少しドキドキしております。 平成という元号に馴染んでいたため、深く考えたことはなかったのですが、改めてみると平成という字面はとても素敵だなと思います(o^u^o)

さてさて、話は変わり唐突ではございますが、皆さまは🍷ワインはお好きでしょうか? ワインが好き!という交際クラブ・デートクラブの方も多いのではないかと思います。 実際、登録している女性の中にも、好きなお酒にワインを挙げる方は少なくない 印象です( ̄^ ̄)ゞ★

そこで、今回は🥂来月行われる日本ワイン祭り🥂を紹介します! 日比谷公園で行われるイベントですので、気持ちの良い春風を感じながら、様々な日本ワインを楽しむデートはいかがでしょうか!

🥂日本ワイン祭り 概要 ~ 会期:2019年4月12日(金)から4月14日(日) 会場日比谷公園 噴水広場 開催時間: 4月12日(金)15:00~21:00 4月13日(土)11:00~19:00 4月14日(日)11:00~16:00 参加費入場無料

会場でワインを飲む際には、チケット🎫の購入が必要となります! また、会場では軽く、会場を回るのにもあまり気を使わない🍷プラスチック製のオリジナルワイングラスにワインを注いでもらえます。

日本ワイン祭りという言葉通り、14都道府県の日本ワインが会場で楽しめますので、お酒が強い方は飲み比べすることも出来ちゃいます♪

ちなみに、出店しているワイナリーが一番多い都道府県は、山梨県です! さすが「日本ワイン」の生産量日本一なだけあり、断トツですね! (ワイン生産量 だけで見ると、実は神奈川県が一位なのだそうです!∑(°口° ))

では、🍷日本ワインと🍷国産ワイン、少し意味が違うのは知っていますか? 「日本ワイン」とは、日本で採れたブドウが100%使用された、日本国内で造られたワイン です。 一方、「国産ワイン」とは、海外から輸入したブドウや濃縮果汁が使用された、国内で製造されたワイン を「国産ワイン」と呼んでいるのだそうです。 日本でのワインづくりが本格的に始まったのは、今から140年前の明治時代とのことで、ワインの中でも歴史が新しいワインです。 詳しい歴史については、サントリーさんのHPからも知ることが出来ますので、気になった方はご覧になってください( *`ω´) 例え多くの人が知っていそうな雑学だとしても、この日が楽しみで調べてみた!ということを伝えるだけで、相手の方にとても喜ばれると思いますよ♪

では、また! 中村でした!    

≫ 交際クラブの入会申込・お問い合わせはこちらから ≪

交際クラブ10カラットのお問い合わせはこちら
▲top