東京の会員制高級交際クラブ・高級デートクラブのTen Caratは、セレブな男性向け会員制高級交際クラブです。当クラブの極上美女達をご覧下さい。

Ten Carat 会員制最高級交際クラブ 10カラット 男性

Tag Archives: 写真

『写真写りで損しない!セッティング成功のための写真の写り方』

Xin chào!!
10年前の証明写真と比べるとまるで別人みたいに丸くなってしまった、吉田です。
痩せたい・・・・・・orz

最近はインスタツイッターなど、スマホのカメラの性能が上がってきて写真を撮らないことってほとんどなくなりましたよね。
私も時々写真撮ったりしてます……ラーメン🍜とか(笑)

さて、私も仕事で女性会員さんの写真を見る機会が多々あるのですが、
中には、「綺麗なのに損してる!」とか「表情が良くなればもっと印象変わるのに!」と思う写真もあったりします。

人の印象は、最初の見た目で9割決まるとも聞きます。
スタジオで撮ったプロのカメラマンさんだと綺麗に撮ってくれるのですが、面接時にスタッフが撮ったお写真だとどうしてもプロには及びません。
その点はできる限りフォローさせていただいてはいるのですが・・・・・・。

そこで、今回はデートのセッティング確率を上げるための『顔の写り方』について調べてきました!
10カラットのお写真でももちろんですが、そのほかのプライベートにも活用して、
いいね!👍たくさん集めましょう!!
(前にも似たようなブログ書いた気がしないでもないですが、そこは気にしない!)

●どんなことがあっても、表情は明るく!
例えば、直前にすごい嫌な思いをして不機嫌だったり、あるいはそもそも写真に撮られることが嫌いだったりして、モヤモヤした気持ちが取れないまま写真に写ると、すごいムスッとした顔だったことってありませんか?
学生時代の記念写真ならそれも思い出の一枚として映るかもしれませんが、デートなどを決める大事な写真でその表情はマイナスポイントです!
写真に写るときはあなたの自然体の笑顔を見せてください
作り過ぎの笑顔は口は笑っていても、目が笑っていないととても不自然に見えます。
かといって普段通りの笑顔だと、ちょっと力が抜けすぎているかもしれません(特に口元が)。
なので普段の笑顔より、ちょっとだけオーバーアクションなスマイルがいいと思います
最近あった一番楽しい出来事などを思い浮かべるといい表情になるそうです。

笑顔が苦手という方は、肩の力を抜き、口を「イ」の形にして横に開いてみましょう
そしてそのまま左右の口角を上げればOK!😀
目も少し細めて目じりを下げれば、ホラ笑顔が完成!
休憩時間や自宅のお風呂上りなど鏡の前で練習してみるのもいいですね。

あと、インターネットで調べると「上の歯をしっかりと見せる」と書かれているのを見かけますが、さすがに歯茎が見えすぎだとイメージダウンですね。
海外では歯茎を見せすぎてる笑顔は「ガミースマイル」なんて呼ばれているそうですよ。
歯茎はほんの少し上唇から見えるか見えないか、くらいがいいと思います。それに加えて、笑ったときの上の歯が下唇のラインに沿うように見えると、より理想的な笑顔に見えるそうです。

●目線は下げ過ぎず!上げ過ぎず!直視もせず!
証明写真を撮ったことのある方だと分かりやすいかもしれませんが、撮影するときは少し顎を引いて、カメラのレンズよりやや下を見るようにすると魅力的な目線の写真に出来上がります。
かといって、やりすぎな上目遣いは場合によってはマイナス効果になることもありますので、カメラのレンズからちょい下ぐらいがいいと思います。下を向きすぎると顔に影が増えますしね
逆にレンズの上を見るようにすると、カッコいいファッションやメイクの場合なら魅力が増すこともあるのですが、見下ろしているような視線の写真になってしまうので、やや威圧感を感じてしまうこともあります。
その時の衣装などに合わせて使い分けてみてください。

まとめてみると、
■自然な感じに見せる笑顔のポイント
・口を「イ」の形の横長にして、口角を上げる。上の歯は歯茎がギリギリ見えるくらいにして、上の歯が下唇のラインに沿うようにする。
・目はやや細めて目じりを下げる。顎を引き、目線はカメラのレンズのやや下。

この2つのポイントに注意して自然な笑顔が出来れば、あなたの魅力をより伝えられるいい写真になるはずです。


皆さんの魅力がより良く写る写真
になりますよう、これからも陰ながらお手伝いさせていただきます。

自撮りしたらパソコンで⯎スリムボディ⯎に加工したい、吉田でした。
また来週!!

 

≫ 交際クラブの入会申込・お問い合わせはこちらから ≪

交際クラブ10カラットのお問い合わせはこちら

『あなたの魅力3倍増し!?きれいに写る写真テクニック!!』

オリンピック周期で風邪をひく吉田です!
今年はまだ大丈夫ですが、周りにインフルエンザなどが流行りだして予防に力を入れています!
明日は暦によれば「大寒」。冬の中で最も寒くなる日だそうで、地域によっては寒稽古をしたり、寒中禊という行事を行う地域もあるみたいですね。
私の地元は北国の海辺なので、こんな時期に海に入るなんて文字通り命がけになってしまいます(;´Д`)ガタガタ

さて、話は変わりますが、皆さんは写真撮るとき何か意識していることはありますか?
私はここ数年写真に写ったことはありませんが、恥ずかしいのでカメラから隠れるように生活しています(笑)
モデルの宣材や交際クラブの写真は力を入れておいて損はないですよね。
今回はそんな「きれいに映るテクニック」を調べてまいりました。
どうぞ、参考にして魅力3倍増しのお写真をゲットしてください!

●その1「姿勢をよくする」
写真に写る際に無意識に猫背になったりする人はいませんか?「力抜いてください」と言われて背筋の筋肉まで緩めちゃうと、SNSで見かけるおじさん座りしてる猫みたいに見えますよ。
姿勢をよく見せるために、まず顎を引きましょう。……と言っても上目遣いは場合によってはにらんでいるよう見えたり、引きすぎると二重顎になってしまったり逆効果になりますので、ほんの少しだけ引いてみてください。その時、視線はやや水平に、カメラのレンズの少し上を見るようにするとイイ感じになるそうです。
また、猫背になりがちな人は肩が自然に体より前側に出ていると言いますので、肩を体の横に来るようにグッと引いてください。これも引きすぎると胸やウェストが強調されてしまうので程々に。

●その2「口元は自然な笑顔に」
女性会員のお写真を拝見させていただくことが時々あるのですが、ムスッとした顔の人や、歯を見せすぎて「ニコッ」ではなく「ニカァ」になってる女性が時々います。
素がきれいな人ばかりなのに……もったいないですよね。
自然な笑顔を見せるポイントは、「下の歯をできるだけ隠して、口角を上げ、上唇を引き上げて上の歯だけ見えるようにする」ことらしいです。もちろん目も笑ってないと、不自然に見えてしまいます。
また、肩の力を抜いて好きなものを想像するとあなたが本来持つ自然な笑顔になりやすいそうです。
綺麗な笑顔を見せられて嫌になる人はいません。
自宅の鏡などで是非練習してみましょう。
もちろん、口内のお手入れもお忘れなく。

●その3「体は斜めでも顔は正面」
立った状態で全身写真を撮る場合、体を若干斜めに傾け足は前後にクロス、前方に出た足のつま先をカメラに向けるようにすると、正面で写るよりも体が細く見えるのでお勧めです。ただし、背筋と腰の力は緩めず、まっすぐに立つこと。斜めにした体の前方にきた肩を少し下げると、優しい印象になるそうですよ。
座る際も、足を揃えて正面に向けるより、体を少し斜めに向けた状態で足をクロスさせた方が、足がより細く見える場合もあります。
体を斜めにすると顔も若干斜めになってしまいますが、顔はできるだけ正面からカメラを見るようにしましょう。斜めのままだと横目に写り、良い印象にするのは難しいです。
体は斜めに傾けたまま、顔はできるだけ正面を向くようにしましょう。
実は人間の顔は左右対称ではなく、パーツが若干大きいどちらかの顔半分「利き顔」があるそうなんです。なので、まっすぐ前を向くよりも、横目にならない程度に少し斜めに向いて、自分が良い魅力的に映る利き顔の面積をカメラに向けるといいでしょう。

というわけで、今回はいつもより5割り増しくらい力を入れてお届けしました。
これから就職や進学、もちろん交際クラブなんかでいろいろ写真を撮る機会が増えると思います。
そんな時少しでもお役に立てればうれしいです。

ではまた次回!
皆さんも体調管理には十分気を付けてください。
吉田でした!!!

 

≫ 交際クラブの入会申込・お問い合わせはこちらから ≪

交際クラブ10カラットのお問い合わせはこちら
▲top