東京の会員制高級交際クラブ・高級デートクラブのTen Caratは、セレブな男性向け会員制高級交際クラブです。当クラブの極上美女達をご覧下さい。

Ten Carat 会員制最高級交際クラブ 10カラット 男性

Author Archives: テンカラット

『花とハチと』

こんばんは! 花粉症が辛い吉田です(;´Д`) 最近急に🌞夏🌻のように暑くなったと思えば、突然例年並みに寒くなったりして、寒暖の差が激しい日が続きますね。 皆さん体調崩されていませんか? 新社会人大学の新一年生になった人は、環境や生活リズムも変わっているので、体調管理は万全にして新天地で頑張ってください。 暖かくなってくると、様々な花🌼が咲き始め、景色も色鮮やかになってきます。 そこで週末の誕生花を少し調べてみましたのでご紹介! 4月6日の誕生花で有名なのは「アネモネ」ですよね。花言葉は「はかない恋」とのこと。 また別の誕生花には「フクジュソウ」があり、こちらは「永久の幸福」だそうです。フクジュソウは今の時期に花をつけるため、春を告げる花の代表的な存在でもあります。 どちらも花束にはちょっと向かないかもしれませんが、鉢植えなら観葉植物が好きな人へのプレゼントによさそうですね。 ※ただしこのフクジュソウ、地面から芽が出たころの姿がフキノトウに似ているので、誤食されてしまうことがありますが、毒性が強いので注意です(; ・`д・´) ちなみに次の日の4月7日の誕生花には「プリムラ・オブコニカ(常盤桜・トキワザクラ)」という花がありまして、花言葉は「淑やかな人」などがあるようです。 桜と名はつきますがサクラソウの仲間で、花の色はピンク、白のほかにオレンジ紅紫淡紫色など実にカラフルです。咲き始めの色は薄く、徐々に濃くなっていきます。 長期間にわたって花が楽しめることから、和名のトキワザクラという名がついたそうです。 さて、いつもブログの話題(ネタ)探しに記念日とか調べているんですが、4月7日は「タイヤゲージの日」という耳慣れない記念日を見つけました。 なんでも、タイヤの空気圧を計るための器具(タイヤゲージ)で、正しい空気圧を点検できるように、4月8日のタイヤの日の前日にタイヤゲージの点検をしましょう!……とタイヤゲージを製造してるメーカーが定めたそうです。 タイヤの空気圧を計るために、きちんと点検できるかタイヤゲージを点検するための日。 事故を起こさないようにする縁の下の力持ち、タイヤゲージのことを覚えておきましょう。 それともう一つ、そのタイヤの日と同じ4月8日は「忠犬ハチ公の日」🐕でもあります。 詳細な物語までは知らなくとも、ハチ公についてはみなさんご存知ですよね。 渋谷駅前のランドマークとして愛されているあのハチ公像のモデルです。 平昌五輪の女子フィギュアで活躍したロシア代表のザキトワ選手へ贈呈されるのも、ハチ公と同じ秋田犬ですよね。 いま渋谷駅前にある銅像は2代目で、最初に建てられた銅像は第二次世界大戦中に資材として供出されてしまい、その後1947年に今のハチ公像が再建されました。初代ハチ公像の除幕式には、モデルのハチ公本人も立ち会ったそうです。 ハチ公像といえば渋谷が有名ですが、渋谷のほかにもハチ公の生まれ故郷である秋田県大館市や、ハチ公の飼い主であった上野教授の生誕地である三重県津市上野教授が務めていた東京大学農学部(当時の東京帝国大学農学部)にもハチ公の銅像が設置されています。 この忠犬ハチ公を題材とした映画は1987年に制作された邦画『ハチ公物語』と、その舞台をアメリカに移したリメイク作品にあたる2009年に制作された洋画『HACHI 約束の犬』があります。 樺太犬のタロ、ジロの話がモチーフの『南極物語』も好きです(*’ω’*) 飼い主の死後も帰りを待ち続けていたというハチ。ハチは犬でしたが、そんな絆で結ばれたパートナーに出会いたいものです。 春の山菜はタラの芽の天ぷらが大好物の吉田でした! また来週ゥ!    

≫ 交際クラブの入会申込・お問い合わせはこちらから ≪

交際クラブ10カラットのお問い合わせはこちら

『Daisy, Daisy, Give me your answer do…』

春🌸です。HAL-9000です。 せっかく咲いた桜が、花見する前に強風で散り始めてさみしく思う吉田です。 東京などの関東では今週ぐらいから4月初頭までが見ごろではないでしょうか? もし見逃してしまったら、桜前線を追いかけていけば、青森あたりは丁度ゴールデンウィークあたりが見ごろだったはずです。花見ついでにぜひ東北へ旅行してみてください。 花見もいいけど、人が多いのはちょっと避けたい。 今回は、そんな方のために3月4月に上映される(私セレクトの)人気映画をご紹介したいと思います。 静かに観るも良し、一緒に笑うも良し。 デートのお相手と一緒にお楽しみください! ※劇場によってはすでに公開終了している場合もありますのでご了承くださいm(_ _)m ■水のようにさまざまな愛の姿を映した『シェイプ・オブ・ウォーター』 ・3月1日~上映中 アカデミー賞4部門受賞も記憶に新しい、ギレルモ・デル・トロ監督最新作。 冷戦時のアメリカにある極秘研究所で掃除婦として働く主人公と、研究所に極秘裏に運ばれてきた“彼”との交流を描いた作品。 幼いころに負ったケガでが出ない主人公が手話を通じてコミュニケーションをして、次第に惹かれ陽気になっていく様子がとても幸せそうでありながらも切なさを感じました。 この映画は主人公・イライザと“彼”との恋愛のほかにも、暴力的であったり、マイノリティであったり、さまざまな愛の形を映画の中に投影しています。 ただ、監督の過去作「パンズ・ラビリンス」にもあるようなショッキングな描写もあるので、そういう描写や性描写が苦手な相手と見に行くのは避けた方がよさそうです。 ちなみに、ギレルモ監督が制作で参加した「パシフィック・リム アップライジング」も4月13日から公開予定です。ロボットアクション怪獣が大好きな方はこちらも是非チェック! ■見た後に家族の声が聞きたくなる『リメンバー・ミー』 ・3月16日~上映中 ご存知ディズニーのピクサー・アニメーション・スタジオが手掛けた最新作。 家族から音楽を禁止されながらもミュージシャンを夢見る少年・ミゲルが、伝説のミュージシャン・デラクルスのギターを手にしたことで、意外にもで賑やかな死者の国に迷い込んでしまいます。そこで出会った孤独なガイコツ・ヘクターご先祖たちの力を借りて、元の世界へもどる方法を探し始めます。 メキシコの祝日「死者の日」“家族の絆”をテーマに、先日テレビでも放送された「トイストーリー3」のスタッフにより制作されています。言うことが素直に聞けないミゲルの子供らしさと自分の小さい頃の思い出が重なって共感が持てました。 また、主人公のひいおばあちゃん・ココが耄碌により家族の名前がわからなくなっていく様に、人に忘れられてしまうことの悲しさを感じずにはいられません。 この映画が日本で公開されたのは、ちょうど春のお彼岸の入りの日でした。 単純なアニメ映画ではなく、見たあとに離れて暮らす家族や、そしてご先祖様に思いをはせたくなる作品です。 ■往年の名作が最新技術で復活!!『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』 ・4月6日公開予定マジジュマンジ!? 1995年に制作された、不思議なボードゲームが題材のヒット作「ジュマンジ」が約20年ぶりに帰ってきます! インデペンデンス・デイ2やマスク2みたいにならないことを祈りたいです(;´Д`) ゲーム技術の進化に合わせて、「ジュマンジ」もボードゲームからテレビゲームに 進化≪アップデート≫!\(・`д・´)ゝ それをプレイしようとした高校生たちがゲームの中に吸い込まれ、元の世界に戻るためにゲームクリアを目指します。 ゲームの世界から脱出しようとする作品、日本にも結構ありますよね(‘ω’) まず、ゲームに吸い込まれた高校生たちがそのままの姿ではなく、女子高生がおじさんになってしまったりなど、本来の姿と全く別の姿に変えられてしまうところがすでに面白いですね。 前作ではイカサマをするとペナルティが課せられていましたが、今作ではどのように展開するのでしょうか!? また、先日オープンしたばかりのTOHOシネマズ日比谷では、期間限定で映画に合わせて振動するハプティックベストを使った「超体感シネマ『マジジュマンジ』」版も4月5日まで先行上映中です。 あの頃のジュマンジ大好きファンはもちろんのこと、新しい物好きの人も足を運んでみてはいかがでしょうか? 最近の映画は、すぐにレンタルやストリーミング配信されてしまうので、わざわざ見に行かなくても……と考える方もいらっしゃると思います。 しかし、大画面、大迫力、そして何より誰かと一緒に楽しめるのは映画館ならではの醍醐味ではないでしょうか!? 近年では3Dに始まり、映画に連動した様々なギミックがある特別なシートをつかった4DXや、ライブのパブリックビューイングなど、新しい形での映画の楽しみ方が提供されています。 たまには人ごみの喧騒を離れて過ごしたい、という方はデートコースに映画館を選んでみてはいかがでしょう。 🐆ブラックパンサーも面白かったです、吉田でした! また来週!!  

≫ 交際クラブの入会申込・お問い合わせはこちらから ≪

交際クラブ10カラットのお問い合わせはこちら
▲top