東京の会員制高級交際クラブ・高級デートクラブのTen Caratは、セレブな男性向け会員制高級交際クラブです。当クラブの極上美女達をご覧下さい。

Ten Carat 会員制最高級交際クラブ 10カラット 男性

Author Archives: テンカラット

『あなたはいくつ知っている!?お盆休みに役立つ豆知識』

こんにちは。 最近自宅で流水麺ばかり食べてる吉田です。(´~`)モグモグ 台風の影響でここのところ🌧雨の日☂が多かったですが、台風一過でまた35度超えの暑い日が続くそうですね。 吉田は明日からお盆休みを頂きます( *´艸`) 🎐潮風が涼しい海辺でお休みを満喫してきますよー! (クラゲが現れる時期なので泳ぎませんけど) さて、そろそろ多くの地域ではお墓参り⛼などすると思いますが、 みなさん、お盆のことはどのくらいご存知ですか? 地域差もあるので一概には言えませんが、もしかしたら間違えて覚えてることもあるかもしれませんよ? そこで今回は、予習・復習のための『お盆に関する豆知識』をまとめてみましたので、これからお盆を過ごす方はぜひ参考にしてみてください。 🍉お盆の由来は何? お盆は、お釈迦様の弟子のひとり・目連尊者の故事に由来します。 目連尊者が、亡くなられたお母様が餓鬼道で苦しまれていることを知り、何とか救いたいと食物を与えますが、餓鬼道では食物はことごとく口に入る前に炎になってしまうのでした。それをきいたお釈迦さまの導きで布施行をしたところ、それが餓鬼道に堕ちた者にも伝わり、お母様が救われた……と言う故事に基づきます。 これが、仏教とは別にあった、祖先の霊が子孫のもとを訪れる行事と合わさり、祖先の霊をお迎えし食べ物をお供えして供養する現在の行事になったのです。 🍉お盆の時期は7月?8月? お盆の時期は、上記の故事に由来して旧暦の7月13日から16日でしたが、現在は関東の都市部などでは新暦の7月13日から16日までとされています。 しかし新暦導入時、その期間は農作業の繁忙期と重なるため、多くの地域ではそれからひと月遅い8月13日から16日にお盆を迎えるようになったそうです。 また、上の2つとも違う、旧暦の期間に合わせてお盆(旧盆)を迎える地域もあります。 🍉きゅうりの馬となすの牛の意味は?🍆 これは祖先の霊をのせる「精霊馬(しょうりょうま)」と呼ばれる供物で、祖先の霊が戻ってくるときはきゅうりの馬🐎で早く着くようにあの世に帰るときはなすの牛🐂で少しでも遅くなるようにまた供物を牛に載せてたくさん持ち帰ってもらえるようにとの願いが込められています。 🍉花火大会は祖先を送る「送り火」がルーツだった!? 諸説ありますが、夏に行われる花火大会は、盆の終わりである送り盆の時期に、祖先の供養のため、また祖先をあの世へ無事にお送りするために音で合図するために打ち上げていたものが、いつしか夏の風物詩になったとされています。 有名な隅田川花火大会は、元々は江戸時代に流行した伝染病や飢饉で亡くなられた人々の魂を慰めるために始めたのが起源だったそうです。 ほかにも精霊流しや灯籠流し、京都の大文字なども「送り火」の一つと言われています。 小さいころから何となく親と一緒にお墓にお供え物🍚したりしていましたが、 お盆にはこんな理由があったんですね。 私は地方出身だったので、7月にお盆を迎える地域があるというのは驚きでした。 夏の時期に花火大会が多くなるのも、亡くなった人の魂を供養する行事の名残なんですね。 地獄の獄卒でさえ休むというお盆休み、皆様はどのように過ごされますか? 吉田は実家に戻り墓参りして元気な顔を見せてこようと思ってます。 ここでちがう話を少し。 1945年の今日。8月6日の広島に続いて長崎に原子爆弾が落とされました。 その惨状は、戦後に生まれた私たちは口伝や資料を介してしか知ることはできませんが、生き残った人々の目には今も焼き付いていることと思います。 2011年3月11日に東北地方太平洋沿岸を中心に襲った東日本大震災や、先日の西日本豪雨も同じく、被災した方、家族を失った方の中では今もその苦しみが続いていると思われます。 私たちが出来ることは、そういった過去の悲惨な出来事を再び起こさないことだと思います。 時が経っても風化・軽視せずに、その壮絶な出来事に目をそらさず、未来へ語りついていくことがこれからを生きる私たちができることでしょう。 どうか、忘れないでください。 ではまた次回! 地元のラーメン🍥も気になる吉田でした。
   

≫ 交際クラブの入会申込・お問い合わせはこちらから ≪

交際クラブ10カラットのお問い合わせはこちら

『王道の○○とは(●´艸`)』

こんにちは。 中村です。

夏の暑さにも慣れてきた頃ですね、楽しい毎日を過ごしていらっしゃいますでしょうか? 何回か夏をテーマに書いてまいりましたが、今回は久しぶりに王道の『恋愛』をテーマにしたいと思います。 初心に帰る感じですね(*´罒`*)
そもそも恋愛とは・・・的なことからちょっと検索してみました。 王道のウィキ○○○○では名だたる辞書の数々から『恋愛』を載せて下さっていました!!


ある辞典の解説は『お互いに恋をして愛を感じるようになること』とありました。 なるほど~!お互い、と云うことは片思いは恋愛とは云わない!?ってことでしょうか!?


また別の辞典には 『特定の異性に対して他の全てを犠牲にしても悔いないと思い込むような愛情を抱き、常に相手のことを思っては、二人だけでいたい、二人だけの世界を分かち合いたいと願い、 それが叶えられたと云っては喜び、ちょっとでも疑念が生じれば不安になるといった状態に身を置くこと』 とあります。いや、長いですね\(-_-)! !これを編集した方の想いを重~く感じます(・ω・;)


ここは初心に帰り過ぎて今ひとつピンとこないので・・・次へ進みます(-.-;)


次は分けて検索してみると・・・恋とは『自分の欲求を満たすもの』 愛とは『相手の全てを受け入れ、相手の幸せを願うもの』 と出てきました!ふむふむ。あと、聞いたことがある方もいるかもしれないですが、 美味しいものを食べた時、 「あの人と一緒に食べたいな」と思うのが『恋』であり、 「あの人に食べさせてあげたいな」と思うのが『愛』である。と云う言葉があります。 分かったような分からないような感じですが、ポイントは一緒に。であるかないかでしょうか?


そしてこの延長線上で語られるのは、『恋愛と結婚は別』問題です。 ですが、これは男女ともに大人になるにつれ、何とな~くわかってくるものでもあると思います(mー_ー)m
男性の場合は女性に対し、「好きだけど、家庭向きじゃない・・・」が圧倒的な気がしますが、 この「家庭向きじゃない」はいろいろあり、『浪費癖がある』『出歩いてばかりいる』『家事がまったく出来ない』といった感じです(;゚△゚)


女性の場合は「好きだけど、彼は浮気性・・・」「好きだけど、彼は経済力がない・・・」「好きだけど、頼りない・・・」「好きだけど、細かすぎる・・・」など付き合っているだけなら何とかなるけれど、 結婚となると好きなだけでは・・・というのが本音として現れる気がします(。-ω-)


中には、「長男長女問題」や「両親が反対している」「家の格が違い過ぎる」「家業を継ぐのに田舎に帰らなければならない」など二人の努力だけではどうにもならないことも存在します。


それでもそこを乗り越えて結婚を決めることが、究極の『愛』な気もしますね(*⌒∇⌒)ノ


ロマンチックに考えるか、現実的に考えるかも人それぞれですが、次は視点を変えて 心ではなく、脳科学的に【恋愛脳】というものを考えてみましょう(✿╹◡╹)


男性の魅力が引き出されるのは、テストステロンというホルモンが関係するそうです。 ですがこのホルモンはどちらかというと『恋したとき』よりも『仕事が忙しいとき』ほど出るそうです! 男性の「仕事が忙しいときほど、モテる!」というのはそういう訳なんですね! 対して女性は『恋をするときれいになる』と云いますが、これに関連しているのはエストロゲンというホルモンです。 このホルモンはスタイルに出るところは出て、引っ込むところは引っ込む、要するにナイスバディになる上、艶肌もつくり、脳も活性化するので、勉強や仕事もはかどる!というまさに 『恋をすると綺麗になるキラキラ女子』が出来上がっちゃうのです(((o(*^∇^*)o)))


ですので、男性は仕事>恋女性は恋>仕事の図式が出来上がるのも納得なわけです! 世の中の女性のみなさん!男性は仕事が充実するほど、カッコ良くなりますので 「わたしと仕事、どっちが大事なの!?」というセリフはぐっと我慢してあげて下さいね ゚。(*^▽^*)ゞ そして男性のみなさん!!仕事が忙しくてゆっくりデートが出来ない時でも、フォローをきちんとしていれば、 女性は理解してくれますし、仕事をバリバリこなしているあなたは間違いなく、モテる要素しかありません!ですので、仕事と彼女の両立はなかなか大変かとは思いますが、どちらもスマートにこなせる 『出来る男』になりましょうヽ(≧▽≦)ノ


最後に脳科学的には、恋愛上手になるには『痛みを知ることが大事!』だそうです。 仕事や人間関係の失敗も、恋愛の誰かを傷つけたり、傷つけられたりもすべて明日の 『恋愛上手への糧』となります。 つまりいろんな経験が『あなたを恋愛上手にする』のです*’v`)ノ
本気の恋も、淡い恋も、仕事も遊びも全力で♪明日のあなたはいつのまにか恋愛上手になっていることでしょう(*/▽\*)では、また次回!

   

≫ 交際クラブの入会申込・お問い合わせはこちらから ≪

交際クラブ10カラットのお問い合わせはこちら
▲top