交際クラブ・デートクラブの10カラットは、セレブな男性向け会員制交際クラブです。当クラブの極上美女達をご覧下さい。

Ten Carat 会員制最高級交際クラブ 10カラット 男性

Author Archives: テンカラット

『力みなぎる!マグマ迸る?火山観光デートはいかが!?』

こんにちわ。 最近無性にピザ🍕が食べたい吉田です。

ピザといえばイタリアですよね。 実は今日、8月24日「大噴火の日」または「ポンペイ最後の日」と呼ばれています。 西暦79年、イタリアにある🌋ヴェスヴィオ火山(ヴェスヴィアス、べスビオスとも)が突然噴火し、そのふもとにあった🏙ポンペイという街をあっという間に火山灰が飲み込んだ大災害があったのが今日のこの日とされています。 逃げ遅れた多くの市民が噴火による有毒ガスや火砕流の犠牲となり、のちの18世紀ごろに当時の街の様子をそのまま残した状態で発掘されました。 皮肉なことに、その降り積もった灰が吸湿剤の役目を果たしていたことで、当時の美術品や壁画などが最小限の劣化で済み、発掘された際に古代ローマの繁栄していた当時の様子を現代まで伝えてくれたようです。 このポンペイの悲劇は、19世紀以降に様々な作品のモチーフに使われ、最近でも2014年に映画化されています。 さて、今回はそんな自然の驚異を体感できる国内の火山観光スポットをご紹介したいと思います。 ただし、いつ突然噴火しないとも限らないので、観光の際には注意してくださいね。


🌋桜島(噴火警戒レベル:3) 鹿児島市にある桜島の火山は入山を厳しく制限されていますが、島内の観光施設は問題なく通常営業しているそうです。桜島には火山の博物館など火山活動を上手く取り入れた様々な観光スポットがあります。 最近ニュースでよく聞く口永良部島の噴火が警戒レベル4なので、火山のある生活になじみのない私たちは驚いてしまいますが、桜島に住む島民の方にはこのくらいは日常的で当たり前の光景だというのが驚きです。 生きた地球を間近で感じられる桜島、行ってみてはいかがですか?


🌋登別地獄谷(噴火警戒レベル:1) の・ぼ・り・べ・つ!といえばクマ牧場?いいえ、火山観光ならばこの地獄谷です! 地獄谷は活火山“倶多楽(くったら)”の麓にあり、近隣にある日和山などとともに登別火山群を構成する一つです。活火山ではありますが熱水や高温の噴気にとどまり、火山灰などの噴火には至っていません。 何よりその熱水が登別温泉の源泉♨となっており多種多様な温泉が湧き出ることから、温泉街で栄えています。 地獄谷という名前は、その火山活動の様が👹鬼の住む地獄を彷彿させることからつけられた名前だそうです。 ちょうど今週末は登別地獄まつりが開催されるので、温泉を楽しみつつまつりを見に行くのはいかがでしょう?


🌋大涌谷(噴火警戒レベル:1) 神奈川と静岡に跨る箱根火山にある大涌谷は、箱根火山の中でも特に規模の大きい噴気地帯として知られています。 江戸時代にはこちらも「地獄谷」または「大地獄」と呼ばれていましたが、明治天皇が訪問された際に現在の名前に改称されたそうです。 複数の山により形成されていることから、現在では🚡ロープウェイを使いその絶景を眺めることができます。 また、火山の地熱を利用して作る🥚ゆで卵は、温泉に含まれる成分で殻が黒く変色することからくろたまごと呼ばれ人気があるそうです。 白煙が立ち上る大迫力の絶景を空から見に行きませんか!?


私が記憶しているだけでも、古いものでは雲仙普賢岳や阿蘇山、最近では御嶽山や霧島新燃岳など、ニュースでその様子を知ることができます。 最近は特に、西之島や口永良部島など国内だけにとどまらず、ハワイのキラウェア火山など世界各地で火山活動が目立ってきているような気がしますね。 日本には多くの活火山が存在しますが、その多くは地獄谷や大涌谷のような安心して観光できる火山です。 しかし、数年前の御嶽山噴火のように、いつまた激しい噴火が起こるとも限りません。 大自然の雄大な景色を眺められる名所ですが、観光の際は十分に気象情報などに注意して楽しんでください。

ピザはチーズがたっぷりのってるのが好き!(-ω-)/な吉田でした。 また来週! (´Д`)    

≫ 交際クラブの入会申込・お問い合わせはこちらから ≪

交際クラブ10カラットのお問い合わせはこちら

『路面電車でのんびりゆったり』

涼しい東北から暑い関東に戻ってまいりました(^^)/ 吉田です。 今日の昼間の暑さを感じて今すぐUターンしたくなりました(´Д`) 突然ですが皆さんは「チンチン電車」という乗り物はご存知ですか?(/ω\)イヤン 小さい男の子が反応して騒ぎだしそうなネーミングですが、いわゆる路面電車🚋のことです。 今から110年ほど前の1903年の今日、東京で初めて路面電車🚋が走ったそうです。 しかし、日本で初めて路面電車が走ったのはそれより10年ほど昔に上野公園で開催されていた勧業博覧会の会場内でしたし、日本で最初に一般道を路面電車が走ったのは博覧会から5年後の京都でした。 なぜ京都で走り出した日を記念日にしなかったのかは、ひとまず置いておいて……その呼び名についてお話ししましょう。 この東京を走り始めた路面電車の発車時に、車掌さんが鳴らす鐘の音を「チンチン♪」と表現したことから「チンチン電車」という愛称が生まれました。 (※余談ですが青森県にはリヤカーや軽トラで売り歩くアイス屋さんがいて、人がいるエリアに入ると、この路面電車と同じように鐘を鳴らして知らせていたので「チンチンアイス」と呼ばれたりもします。) この「チンチン電車」、運行開始当時は🏃走る人が追い抜いてしまうほどのんびりだった🚋そうです。 そのため昭和30年代に自動車が普及し、道路に自動車が急増すると、そのあおりを受ける形で各地のチンチン電車が消えていきました。 現在、都内で運行しているのは、最近「東京さくらトラム」🌸という愛称がついた都電荒川線のみになっています。 そこで、都電で行けるデートスポットを3つピックアップしてみました。 たまには忙しい日常を忘れて路面電車でのんびり過ごしてみませんか? ■寺+神社+駄菓子屋さん!?「鬼子母神前停留場」 人間の子供をさらって食べてしまう鬼女といわれた鬼子母神😈は、お釈迦さまに自分の子供を隠されたことで改心し、子供と安産の守り神😇になったといわれています。その鬼子母神を祀っている鬼子母神堂のそばには、この土地の地主神である武芳稲荷神社🦊が建てられています。こちらのお稲荷さんには出世のご利益があるらしく、念願叶った多くの方が鳥居を奉納したことにより、伏見稲荷大社よのうに鳥居が続く独特の光景が出来上がりました。 そして、鬼子母神が子供の守り神であるためか、この境内には駄菓子屋さんがあるそうです。安産や出世を祈願したあとは、ここに寄って童心に戻るのもいいかもしれませんね。 ■四季を通じて景色が楽しめる「王寺駅前停留場・飛鳥山公園」🚡 王寺駅前からすぐの場所にある飛鳥山公園は桜の名所として知られています。春であれば桜と都電が作る光景はとても📷インスタ映えすると思います。 公園周辺は木々に囲まれ、園内に博物館もあるので、博物館でノスタルジックな雰囲気を楽しんだり、園内の森林で四季折々の景色を楽しんだりするのも面白いと思います。 ■🌹バラの見ごろは年に2回「三ノ輪橋停留場」 荒川車庫前から終点の三ノ輪橋の沿線には、ボランティアの方々が色とりどりの🌹バラを植えています。三ノ輪橋停留場には、広いバラの花壇があるのでバラが好きな人は是非チェックしてみてください。 バラの見ごろは初夏。今年はすでに終了してしまいましたが、初夏には、バラで車内が彩られた特別列車「都電バラ号」が運行します。 いかがでしょう? 首都圏のビル街とは違う、魅力的なスポットが沿線にはたくさんあります。 特に沿線のバラなどの植物が美しいので、春から初夏にかけて見に行くのが個人的におススメです。 もちろんそれ以外の時期でもアジサイ紅葉🍁🍂なども楽しめるし、商店街で食べ歩きしても楽しい場所です。 デートというと地下鉄やJRがメインになると思いますが、たまには時間を忘れて、路面電車でのんびり歩くのもいいかもしれませんね。 ではまた次回! 冷房の効き過ぎと外の暑さの狭間で悩む吉田でした(´Д`)
   

≫ 交際クラブの入会申込・お問い合わせはこちらから ≪

交際クラブ10カラットのお問い合わせはこちら
▲top