交際クラブ・デートクラブの10カラットは、セレブな男性向け会員制交際クラブです。当クラブの極上美女達をご覧下さい。

Ten Carat 会員制最高級交際クラブ 10カラット 男性

『チョコとお酒』

こんにちは、飯田です! さて、今回もここぞとばかりにバレンタインデーチョコレートのお話をしちゃいますよ(^-^)! ちょこっとメモ:チョコレート色は16進数表示で#602D1D、Webカラーの”Chocolate”は#D2691Eでちょっと明るめ。 最近は、女性の友人同士でチョコをプレゼントし合う『友チョコ』というのも浸透しつつありますよね。 バレンタインの時期は、デパ地下などで色んなチョコが売っていますし、期間限定のチョコなんていうのもあったりするので、いつもより奮発して美味しいチョコを買って、友達同士でシェアして食べるというのも楽しみ方の一つだと思います。 また、自分へのご褒美にという事で、自分チョコを購入される方もいるようですね。 各店舗がチョコの試食なども行っていたりするので、買うつもりはないのですが、ついつい試食には手が伸びてしまいます(笑) 食べ過ぎないように、と自分に言い聞かせるものの、誘惑に負けちゃうんですよね(>_<)
ちなみに、私も結局、自分用として某有名店のチョコを1箱買ってしまいました。 今年のバレンタインデーは平日なので、週末にお相手にチョコをプレゼントする方も多いのではないでしょうか? せっかくの美味しいチョコをもっと堪能するために、週末にお酒を飲みながら、チョコを味わってみてはいかがでしょうか? ウイスキーボンボンというチョコもありますし、チョコとお酒が合わないわけがありません! お酒と一緒にチョコを楽しむ・・・まさに、大人のバレンタインといった感じですね! チョコに合うお酒を選ぶポイントとしては、以下があるようです。 『すっきりし過ぎないお酒を選びましょう』 やはり、お酒にもチョコレートの濃厚さに負けない存在感が必要ですので、口当たりがすっきりし過ぎていたり、ドライすぎるものはチョコには合いにくいようです。 お互いの存在感を活かしあうのが大事なんですね! 『味の掛け合わせを考えましょう』 掛け合わせって聞くと、なんだか難しそうな感じもしますが、あまり難しく考える必要は無いんです。 味の掛け合わせの考え方として外さないのは、チョコレートの甘さに対して、それに負けないくらい甘いお酒相乗効果を楽しむ、『甘い×甘い』の掛け合わせがあります。 次に、ビターチョコレートの苦み甘みの強いお酒で味の変化を楽しむ、『苦い×甘い』の掛け合わせ。 他にも、チョコレートとお酒をフレーバー同士でまとめてしまう、『フレーバーを合わせる』なんていう掛け合わせもありますよ! ちなみに、甘口のワインフルーツフレーバーのクラフトビールなどはチョコとよく合うみたいですよ。 「このチョコにはどんなお酒が合うのかな?」なんて考えながら、お酒を選ぶのも楽しそうですよね! 是非、ご自身でチョコに合うお酒を探してみてください! それでは今回はこの辺で! 皆さん、良い週末を(*^▽^*)!  

≫ 交際クラブの入会申込・お問い合わせはこちらから ≪

交際クラブ10カラットのお問い合わせはこちら
▲top