交際クラブ・デートクラブの10カラットは、セレブな男性向け会員制高級交際クラブです。当クラブの極上美女達をご覧下さい。

Ten Carat 会員制最高級交際クラブ 10カラット 男性
女性はこちら
男性会員様専用ログインページ

『メガネ派?コンタクト派?今のお気持ちはドッチ!?』

こんばんわ。
最近思い切って集めてたコレクションを処分しようと決意した吉田です。

突然ですが皆さんは普段メガネかけていますか?
吉田は学生の頃からメガネ一辺倒のメガネユーザーです!
コンタクトを目に入れるのがすごい怖くて……(;´Д`)
普段使い用と予備と、さらにその予備で3つメガネ持ってます( ・´-・`)

さて、今日は9月7日の語呂合わせ「クリーナーの日」だそうです。
メガネをきれいに保つメガネクリーナーメガネクロス製造メーカー・パールという会社が制定したそうです。英語でもこの日を「LENS CLEANING DAY」というそうな。
メガネユーザーであればおそらくご家庭かメガネショップで一度はお世話になっているはず!
その辺が気になる方はぜひ検索してみてください。

そんなメガネですが、皆さん「メガネをかけた異性」「コンタクトをつけた異性」、どちらが魅力的に見えますか?

今回はメガネ派コンタクト派が気になっている「メガネとコンタクト、どっちがモテるの!?」という疑問を調べて参りました。
今回もまた大ボリュームですが、是非参考にしてみてください。
(吉田は断然メガネ推しです(/・ω・)/ )

👓メガネ=「まじめ」「おたく」っぽいイメージ
昨今はオシャレなフレームのメガネが増えてきたのでファッションの一部としてコーディネートを楽しむことができるようになったメガネですが、メガネをかけていると「知的」「まじめそう」に見えたり、あるいは「ガードが堅い」「オタクっぽい」と思われたりしがちです。
そういった先入観が広まっている為、特に映画やドラマで出てくる学級委員長やまじめな上司、オタクのイメージとして、よくフチのついたメガネをつけた人物が登場しますよね。

👀コンタクトの方が活発的なイメージがある🏃
メガネをしたままスポーツをする🎾というのは、とても度胸がいるものです。
今では様々なメーカーからスポーツ用メガネが出ていますが、度付きレンズにするとだいたい2万円近くかかるそうです。もしボールや対戦相手の体がメガネにぶつかったら、もし転んで顔面を地面にぶつけてしまったら、ケガももちろんですが修理費も心配の種。
また、メガネをつけている時よりも、コンタクトレンズの方が明るく活発的な印象を持たれることが多いようです。

👓メガネのオン/オフでギャップにときめく💗
漫画によくある典型的なパターンとして、メガネをかけたキャラクターが眼鏡をはずしてみると美男美女だった……というのは古くから使われてきています。
このメガネをつけたときと外した時のギャップというのはあながちフィクションの中だけではないようで、メガネを替えただけで印象が違って見えたり、普段メガネをかけている人がコンタクトに変える、あるいは逆にコンタクトの人が特定の場面でメガネに変えると好感度が上がったり、ということが現実でも起こることがあります。
もちろん、それが恋愛につながるかというと、本人の努力が必要になるのですが。👓メガネをかけると実際よりさらに目が小さく見えるが……?
メガネを避けたい人の理由として、目がレンズの効果で小さく見えてしまうことです。
特に女性の場合は、目をやや大きく見せると魅力的に見える傾向があるので、男性を射止めるためにはこれはマイナスポイントですね。メガネから裸眼やコンタクトに変えたときに印象が変わるのも、普段から目が小さく見えているからかもしれません。
しかし、目の周りにクマやくすみがある場合、フレーム付きメガネでそれをごまかすことができるメリットもあります。

💏キスをする二人を阻む、メガネ👓
彼氏、彼女とデートして、いい雰囲気になった時に挑むキスの瞬間。💏
そんなデートのクライマックスをこのメガネは\カツン/とぶち壊してしまいます。
ずっとかけてると耳や鼻もいたくなりますしね。
すごいドキドキした高揚感💕も、それで一気に和らいでキスのチャンスを逃してしまったりするのかもしれません。
――大切なデートでキスする二人の間を邪魔しません、そう、コンタクトならね。

👓初期費用が高いメガネ、維持費用が高いコンタクトレンズ👀
メガネは安く済ませようと思えば、安いものならフレームと付属のレンズで5000円前後で済ませることが出来たりします。しかし、ビジネスやシーンに合わせたデザインを用意しようと思えば、少なくともその倍以上の費用が必要になることでしょう。
ブルーライトカット非球面レンズにすると、費用はさらにかさみますが、一度払ってしまえば追加で費用が発生することはそれほど多くはありません。
コンタクトの初期費用は安いものであれば1000円~3000台から作れるのでやすく済ませることができます。しかし目👀に直接触れるものなので長時間つけっぱなしにすることもできず、洗浄液や保存液など消耗品を定期的に購入する必要があるでしょう。突発的なお泊りが発生したときに保存液を持ち歩いてなければ、コンビニで探し歩く羽目になるかもしれません。

👓あるのについ探しちゃう、メガネ、メガネ…
コントでよくメガネを頭の上にのせてメガネを探す、というのがありますが、本当のメガネユーザーにも「メガネをかけた状態でそのメガネを探す」ということもまれにあります。
📱スマホを持ちながらスマホを探してしまうのと同じですね。
しかし、コンタクトの場合は笑い事ではいられないかもしれません。
メガネより小さいうえに透明で見つけにくいので、自室で落としても見つからないのに、屋外で落としてしまったら見つけるのは至難の業です。探してる間に自分で壊してしまうことも。
デート中に落としたらデートを続けるよりも優先して探してしまうかもしれませんね。

≪結論≫「メガネとコンタクト併用すればいいじゃない!」
一番いいのがメガネとコンタクト、両方を場面に合わせて使い分けることかもしれません。
日中出かけるときは👀コンタクト、自宅で休むときや室内でゆっくりするときは👓メガネ、という風に、両方持っていて使います。
デートの際には、タイミングを見てコンタクトからメガネ、メガネからコンタクトへ相手の前で変えてみれば、相手がまだ知らないあなたの魅力的な面に気付くかもしれません
もっとも、両方用意しなければいけないので、コストは単純に増えてしまいますが。

👓👀👓👀👓👀👓👀👓👀👓👀

いかがでしたでしょうか。
ネットで調べてみたところ「シーンに合わせてメガネとコンタクトを使い分けている」人に好意印象を抱くことが多いそうです。
例えば、普段はコンタクトや裸眼でも、仕事の時はメガネだったり、あるいは逆に、普段メガネの人がスポーツやライブの時はコンタクトだったり。
メガネやコンタクトに変えることで、普段とは違うギャップが生まれ、そこに魅力💖を感じる人が多いようです。
とはいえ、これは元々ある魅力にさらにプラスものであり、全く努力していないままでは効果が薄いことをお忘れなく。

体重1キロ減に成功してちょっとうれしい吉田でした!
それではまた来週!

( ・´ー・`)ノシ

 
 

▲top