交際クラブ・デートクラブの10カラットは、セレブな男性向け会員制高級交際クラブです。当クラブの極上美女達をご覧下さい。

Ten Carat 会員制最高級交際クラブ 10カラット 男性
女性はこちら
男性会員様専用ログインページ

『あなたの好みは何顔?こんなにあった○○顔』

こんばんは。
最近昔の映画をレンタルして週末家に引きこもってる吉田です(‘ω’)
昔の映画は今ほどCGが発展していなかったので、演出やシナリオ、俳優さんの演技の凄さが改めてわかりますね。今見ても見劣りしない名作は素晴らしいです。
もちろん週末のパシリムも見に行くつもりです( *´艸`)
さて、顔のタイプを調味料に例えた「ソース顔」とか「しょうゆ顔」とか言われる男子の分類方法がありますが、調べてみたらその言葉は30年以上前から登場し、近年ではさらに細分化されているみたいなんです。
また、男子だけではなく今では女子も同じように分類できるようですよ
なので、ここで少しご紹介してみたいと思います!

■ソース顔
彫りが深く通った西洋風の濃い顔の人。不細工というわけではないが、相手によってはやや暑苦しく感じることも
平均的な日本人に比べて、鼻が高かったり、瞳や口が大きかったり、パーツの大きさや色の濃さで印象に残りやすいタイプの様です。瞼が二重なのもソース顔の特徴。また、ソース顔の女性はだれが見ても美人な人が多いとも聞きます。
男性では阿部寛さんや平井堅さん、女性ではローラさんや黒木メイサさんなどがソース顔と呼ばれているようです。

■しょうゆ顔
ソース顔とは逆に、彫りが浅く色白で、目や口といったパーツもやや小さめの日本的な顔の人純和風な雰囲気を持つことから「しょうゆ顔」と呼ばれているようです。
ソース顔と比べるとあっさりしていてクセがない反面、見方を変えれば平凡的な顔つきとも取れるので、印象には残りにくいかもしれません
色白ですっきりした顔つきであることから、女性では好感を持たれやすい人に多いそうです。
男性俳優では向井理さん、東山紀之さん、女性俳優では武井咲さんや新垣結衣さんなどがしょうゆ顔俳優として挙げられます。

■塩顔
しょうゆ顔からさらにあっさりした印象を受ける顔がこのタイプ。キリっとした細目で唇は薄く、輪郭ラインが細めな、髭の無いアジア人らしい顔つきが「塩顔」の特徴です。女性でいえば白い肌でメイクは薄めかノーメイクで、派手ではないけれど決して地味というわけでもない、上品にまとまった顔立ちがこのタイプの様です。
私が知っている俳優さんでは、瑛太さんや松山ケンイチさん、宮崎あおいさんがこのタイプと言われています。

■砂糖顔
目がクリっとしていたり、やや丸顔だったりと、少年少女っぽい幼さがまだ残る、砂糖のように甘い可愛らしさが残った顔立ちの人がこのタイプに当てはまるようです。雰囲気的には犬っぽいと言われており、無邪気な笑顔がとても似合いそうですね。女性では特にくすみのない白い肌や健康的でふんわりした印象が砂糖に例えられたりします。
俳優さんでは小池徹平さんや、神木隆之介さんなど、同姓から見ても動物的な愛くるしさを感じて面倒見てやりたくなる、そんな感じのタイプだと思われます。

■その他
上記に上げた以外にも、塩顔よりさらにあっさりしていてどこか優しさも感じる「酢顔」、ソース顔ほど濃くなくマイルドで親しみやすい「ケチャップ顔」、ソース顔よりまろやかながら適度に存在を主張する「味噌顔」、砂糖顔よりは甘さはないが明るく親しみやすい「マヨネーズ顔」など、時代が進むごとに調味料顔は増えていっているようです。

ここまで紹介してきましたが、この分類はあくまで他人から見た特徴や印象を調味料にあてはめたものなので、同じ相手でも分ける人によって塩顔だったりしょうゆ顔だったり分類が異なる場合があります。
また、その系統に当てはまるからと言って必ずしも本人にそれが当てはまるとは限りません。

好きな顔は人ぞれぞれです。
どんな顔であれ、気になる相手と出会ったなら、じっくり付き合ってその人の味(かお)を好きになっていきましょう。

私は味噌顔かなぁ( ゚ω゚)
どんな味でも好きになりたい吉田でした!
良い週末を!

 
 

▲top