交際クラブ・デートクラブの10カラットは、セレブな男性向け会員制高級交際クラブです。当クラブの極上美女達をご覧下さい。

女性はこちら
男性会員様専用ログインページ

今後も関係を続けたいなら

女性イメージ

男性も女性もお付き合いの考え方は色々です。

もし真剣交際をお望みで、クラブがセッティングしたデートした相手と今後も交際を重ねていきたいのであれば、ファーストデートで如何にして相手に気に入ってもらえるかを考えておかなければなりません。

そのためにはどのようなことを気を付ければいいのでしょうか?

服装について

まず初めに、服装に関しては男性の場合、デートだからとラフだったりカジュアルな格好を選ぶのは効果的ではないと思います。

交際クラブを利用する女性の皆様は、普段経験することのできない非日常的な出会いを求めています。服装に気を使われないと女性がわかってしまうとその後も関係を続けることは難しいかもしれません。

なので、まず最初のデートではファッションに力を入れて、例えば女性に人気のスーツスタイルなどにしておくのが良いでしょう。

ただ、ビジネス感を強く出し過ぎて仕事終わりのように思われてもいけませんので、ネクタイやシャツなどで仕事とは違うオシャレを演出するのがベストです。
カジュアルなファッションを選ぶのは、デートの回数を重ねてからにしておきましょう。

女性の場合は、女性と比べると男性はそこまで相手のファッションは気にしませんが、デート中に並んで浮いてしまうようなカジュアルすぎるファッションは避けましょう。
コーディネートしたファッションがきっかけで話が進むこともあります。
また、ヘアメイクについても、触れるのをためらってしまうようなボリューム感のあるスタイルは避けた方がよさそうです。

服装と併せて、男女ともにブレスケアも欠かさず行いましょう。
タバコのきつい匂いなど、大半の人は口臭に気付くと一刻も早くデートを終わらせたいと思うかもしれません。

デートコース選びと食事について

初めて出会う女性とのデートでは場所選びにも気を付けましょう。
待ち合わせ場所の近くでお茶やランチ、ディナーを楽しんで緊張をほぐしておくとその後の会話も弾みやすいと思います。 笑顔で過ごすを忘れないでください。
初デートではお互いが自然に笑顔になり、会話が増えるような場所を選ぶことが大切です。

男性は服装以上に女性の笑顔を気にするようなので、終始こわばった顔にならないように気を付けましょう。 食事で料理を前にした時なども笑顔を浮かべて楽しんでいる雰囲気がみえると、お互いに来てよかったと思えるのではないでしょうか。

食事をするお店は超高級なフレンチやイタリアンでコース料理よりも、少し落ち着いた雰囲気のお店でアラカルトの方がお互い自然体にコミュニケーションが取れます。初対面でから、かっちりしたコースだと緊張で固くなりすぎてしまい料理の味もきっと覚えてないでしょう。コース料理は仲良くなってからいった方が素敵な料理やお酒を共有できると思います。

男性の方は相手の女性の嫌いな食べ物やアレルギーがわかっていれば、それを考慮したお店選びも重要です。

また、食事の支払いは男性が持つのが普通です。
ですが、だからといって初めから「奢ってもらって当然」という態度が現れている女性は嫌われてしまうので注意しましょう。ごちそうになったあとは必ず感謝の気持ちを込めてお礼を言いましょう。

会話と気配りについて

食事に限った話ではありませんが、周りへ気を配ることができるかどうかも相手の関心を集めます。
いいところを見せたくて、訪問した店で横柄な態度に出るのは良い結果につながりません。
道が混雑しているときには相手に譲ったり、建物に入るときには次の人のためにドアを押さえておくなど、自分とデートの相手だけではなく、周囲のその他の人々にも気配りできる人間は高評価です。

話しやすい相手は性別問わず好感が持たれます。
一方的に話してばかりではデートの楽しさが半減してしまいます。 自分語りしたい気持ちもわかりますが、あまり話しすぎずに、相手の話に耳を傾けて聞くことや、うなずいたり反応することも大切です。

会話する際の話題選びも重要です。
せっかくの楽しい時間なのに仕事の話をされたら、相手はげんなりしてしまいますよね。
昔の恋人や第三者に対する愚痴も聞かされる側は良く思いません。
ついつい使いがちな「別に○○だけど」というのも、相手のテンションを下げてしまうワードなので要注意です。

最後に

一概にすべてが当てはまるわけではありませんが、常に相手を思いやった行動をすることが重要です。

交際クラブがかかわるのは、この最初のデートの出会いまでです。
あとは出逢った二人の行動によってその後のお付き合いが決まりますので、気になる人とのデートがセッティングできましたら、ぜひ次のデートの約束まで取り付けてみてください。

▲top